2010年3月アーカイブ

大阪・神戸の過払いのことなら松谷司法書士事務所
借金の解決法ですが、過払いなのかどうか悩んでる債務者の方へ一言申し上げておきます。
人によっては借りた方が悪いとか、借りたらそのときの条件で返すのが当たり前なんて冷たく一刀両断に切って捨てる人も少なくないでしょう。私も以前はその一人でしたが、過払いが生じる条件をよくよく調べてみると、金融会社も悪いって事がわかりました。
つまり、みなし弁済などといって、利息制限法の上限を超えた金利が有効になるという、貸金業法43条の規定が最高裁判所の判例により実質的に適用の余地がなくなったのは、そもそも立法に問題があったのではと思います。やはり日本は法治国家ですから、法律で定められた以上の利息を課すること自体違法ってこと。ですから喧嘩両成敗ではないんですが、ある意味近いかなって思いこの言葉を使わせていただくと、一番それに近い解決法が両者の和解を意味する任意整理だと思います。消費者金融も減額する代わりに債務者も一括でその減額後の借金を返済するって事。一部貸金業者で、任意整理に応じないという業者もあるようですが、長い目で見たら、これはマイナスにしか働かないと思います。このとき、流れの中で既に過払いが生じてるケースが、特に長期間返済をしてきた場合に多く見受けられるみたいです。
ですから、迷ったらまず司法書士などに相談することですね。そして完済後、この過払いの存在を知った方もあきらめる必要はありません。完済後の期間がどれくらいかによって決まりますが、10年だったら過払い金返還要求を弁護士、司法書士を通してお願いできますからね。消滅時効が進行するのは、継続的な貸し借りが終わった時からです(最高裁判所 平成21年3月6日 判決)。

ちょっと疑問形のタイトルで申し訳ないですが、テーマが大阪での過払いの悩みって事だったので、若干違和感を覚えました。字義通り解釈すると「過払いに悩 んでる」って事になるかと思いますが、そうと気付いたらそんなに悩むなんて事はなく、どちらかというと人生逆転したかのような喜びを覚えるのが普通でしょ う。
まあ、可能性としては、どうやら過払いじゃん!って何かの拍子に気付いた、しかし既に返済も終わってるからこれって後の祭り?みたいな悩みを持ってる方、 いるかもしれませんね。そういった状況を設定しまして物申せば、まだそれでもあきらめる必要はぜんぜん無いって知って欲しい。
どうやって過払いって事がわかったかははっきりしませんが、それで悩んでるとしたらきっと相談する場所を知らないだけの話だと思います。それなら簡単。司 法書士か弁護士さんですよ。せっかく過払いってわかったら過払い金の返還請求をするって所まで踏み込めばその悩みは氷解するはずです。請求のしかた、そう いった状況ではわからないと思うのですが、それもちゃんとサポートしてもらえるはずですから心配ないです。もちろん報酬は支払わなければなりませんが、極 論すれば0以上であれば儲けもの。もちろんそんな極端なことはありません。良心的な事務所をさがしましょうね。相手方がアコムやプロミスのような、大手の 消費者金融なら、対応もスムーズらしいですよ。銀行とか信用金庫の場合は、法律の上限を超えていることがまずないでしょうから、過払いが発生していること はないんでしょうけど。

みなさんはキャッシュローンやお金の借り入れなど、お金を借りたこととかってあるでしょうか。生きていると消費者金融やキャッシュローンなどでお金を借りたりしなきゃいけいないときもありますよね~。私も、昔仕事を失ったり、急なもの入りで、何度か借りた経験があります。すぐに返せるような計画を立てていましたけど。

でもそううまくいかないのが、人生ですよね。その中の一回もすぐ返す予定でしたが、事故を起こして、そちらでも少々お金が必要になってしまったんです。金利は払い続けましたが、元金返済がなかな終わらずに、返済期間は延びるばかり。だいぶ前の話ですけどね。苦労した思いがあります。でも、最近、それが過払いというもののようで、返還の請求ができるとわかり、早速相談。結構簡単に手続きもすみ、お金が返ってきました。

私の場合はよかったですが、そうでもない人もいるようで、大阪に住む友人なんかは、過払いをして悩んでいたんですが、司法書士さんがいい人ではなかったようで、小額を理由に断られたことがあるようです。悩んだら、相談することをおススメしますが、信頼ある安心できるところに相談しないといけないですよ♪

借金の返済に悩んでしまったらどうすれば良いでしょうか?
現在、多重債務状態で心労を抱えている方がたくさんいるようです。私、たぶん過払いしていることにさえ気が付かずにせっせと返済していくタイプなんですよ、きっと。
まぁ私が借金をすることは皆無に等しいですが我が家には、借金をなんとも思わない亭主がおります。過去4回勝手に借金して返済に行き詰まっては私に支払わせ、その4回には入ってはいませんが、資産運用として会社に預けておいた新車購入費用の600万円を解約して来てほしいと頼んだ時に「もう無いよ」と言われぶん殴ったことがあります。
そのような亭主ですから何も知らないで結婚した当初12ヵ所に返済していて毎月金利だけ支払っていたようです。あの当時、残高が減らず不思議でした。毎月、毎月返済しても終わることのない借金。消費者金融の仕組みさえ分からなかった。消費者金融と銀行とサラ金への借金返済に明け暮れた日々。
過払いしているのかどうかを知るすべも分かりません。大阪で過払いに悩んだ場合、大阪に弁護士事務所から独立した弁護士さんを1人知っていますのでもし過払いになっているのならこの先、どうしていけば良いのか相談してみたいと思います。
大阪弁護士会総合法律相談センターはこちら

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。