2010年4月アーカイブ

過払い請求というのは、クレジット会社や消費者金融などに、払い過ぎてしまった利息を取り戻す手続きのことを言い、過払い金返還請求ともいいます。
過払い金が発生する原因は、グレーゾーン金利と言われている金利帯にあります。
利息制限法の金利を越えて、29.2%以下の金利をクレーゾン金利といい、過払いはこの金利が積み重なり発生します。29.2%というのは、出資法に定められた金利の上限であり、これを超えると刑事罰の対象となります。いわゆるヤミ金は、これを超えているため、ヤミ金の貸付行為は、犯罪行為となります。
金利が高ければ高いほど、取引の期間が長ければ長いほど、過払いになっている可能性が高いそうです。また、最近利率が下がったけれど、以前は高い金利を支払っていたとかいう方が、過払いになっている傾向があるそうです。
完済している場合でも、利息制限法を上回っている金利の時には、取引の期間に関わらず過払いになっています。
ただし、取引をしていた相手方がどのような業者だったかによって、過払い金は発生していない場合というのもあります。たとえば、アットローンやモビット、キャッシュワンのような会社は、グレーゾーン取引というのは一切行っていませんので、基本的には過払い金は発生していません。また、キャッシング以外の取引、たとえばショッピングローンや立て替え金などについては、利息制限法は適用されませんので、やはり過払い金が発生することはありません。
過払い請求は、完済していても、取引が終了してから10年の時効が成立していなければ、請求することが出来ます。以前は、消滅時効の起算点がどこなのか、取引終了の時点なのか、過払い金発生の時点なのかについて争いがありましたが、これは最高裁平成21年1月22日の判決で決着がつき、上記のとおり取引終了時が時効の開始点となったのです。
過払い金返還請求と時効
たとえ、10年以上を過ぎた場合も、不法行為に基づく損害賠償が認められた事もあるそうです。これは、不法行為による損害賠償請求が、知った時から3年、行為のときから20年という時効期間の定めがあり、不当利得返還請求権の時効とは異なるためです。もし、過払いに関する悩みのある方は、まずは、専門家に相談してみて、色々と意見を聞いてみるのもよいのではないでしょうか。


過払い請求というのは、クレジット会社や消費者金融などに、払い過ぎてしまった利息を取り戻す手続きのことを言い、過払い金返還請求ともいいます。
過払い金が発生する原因は、グレーゾーン金利と言われている金利帯にあります。
利息制限法の金利を越えて、29.2%以下の金利をクレーゾン金利といい、過払いはこの金利が積み重なり発生します。29.2%というのは、出資法に定められた金利の上限であり、これを超えると刑事罰の対象となります。いわゆるヤミ金は、これを超えているため、ヤミ金の貸付行為は、犯罪行為となります。
金利が高ければ高いほど、取引の期間が長ければ長いほど、過払いになっている可能性が高いそうです。また、最近利率が下がったけれど、以前は高い金利を支払っていたとかいう方が、過払いになっている傾向があるそうです。
完済している場合でも、利息制限法を上回っている金利の時には、取引の期間に関わらず過払いになっています。
ただし、取引をしていた相手方がどのような業者だったかによって、過払い金は発生していない場合というのもあります。たとえば、アットローンやモビット、キャッシュワンのような会社は、グレーゾーン取引というのは一切行っていませんので、基本的には過払い金は発生していません。また、キャッシング以外の取引、たとえばショッピングローンや立て替え金などについては、利息制限法は適用されませんので、やはり過払い金が発生することはありません。
過払い請求は、完済していても、取引が終了してから10年の時効が成立していなければ、請求することが出来ます。以前は、消滅時効の起算点がどこなのか、取引終了の時点なのか、過払い金発生の時点なのかについて争いがありましたが、これは最高裁平成21年1月22日の判決で決着がつき、上記のとおり取引終了時が時効の開始点となったのです。
過払い金返還請求と時効
たとえ、10年以上を過ぎた場合も、不法行為に基づく損害賠償が認められた事もあるそうです。これは、不法行為による損害賠償請求が、知った時から3年、行為のときから20年という時効期間の定めがあり、不当利得返還請求権の時効とは異なるためです。もし、過払いに関する悩みのある方は、まずは、専門家に相談してみて、色々と意見を聞いてみるのもよいのではないでしょうか。

大阪にお住まいの方で、「もしかしてはらいすぎ?」なんて悩んでる人はいないでしょうか?

何かのきっかけ、例えばこうしたネットでの書き込みで、「消費者金融と長期間取引がある場合、過払いになっていることがあります」とか書いてあるのを読んでも、「長期間ってどのぐらい?」「消費者金融であればどんな会社でも過払いになるの?」「そもそもテレビで大々的にCMをしているような一部上場会社なのに、どうして過払い金が発生したりするの?」などと、たくさんの疑問が出てきて、自分が過払い金を請求できるのかどうかわからないのではないでしょうか。

ですが4年、5年とカード会社に返済してる場合は要注意です。一般的には、50万円程度の貸付限度額で、7年程度借りたり返したりを繰り返しているのであれば、高確率で過払い金が発生しています。完済の場合なんかも過払い金が発生していることが多いです。

もしや?自分も??って感じたら、掲示板で質問するのも良いでしょうが、もっと早いのは大阪の弁護士事務所、司法書士事務所に問い合わせること。その前にネットでそうした債務整理や過払い関係に強そうな事務所をピックアップしておくのも有効な手段といえます。そして「ここだ!」と思える事務所が見つかったら勇気を出してアポを取って面会に行きましょう。それが解決への「きっかけ」どころか「大きな一歩」となります。

このとき、どんな事務所を選んだらいいのか、悩むと思いますが、「全国どこに住んでいる人でも受け付けます」という事務所はやめた方がいいです。

過払いとか債務整理とか自己破産の悩みについてですが、こういうことで悩んでいる方はおられると思います。こうなってしまった(多重債務になってしまった)原因はいろいろとあると思いますが、やはり法律をよく知らなかったり情報不足でうまくいかないということはあると思います。まずは関連する書籍などを購入するとよいとおもいます。最近では、一般人でも過払い金返還をできるように工夫された書籍があります。このような書籍で勉強すれば、自分で過払い請求をすることもできるかもしれません。
もし、自分でやってみたものの、難しかった場合であっても、後日司法書士などに依頼したときに、説明される内容がよく理解できるでしょう。おすすめの書籍としては、以下のようなものがあります。
[過払い金回収マニュアル] サラ金・消費者金融からお金を取り返す方法(名古屋消費者信用問題研究会)
Q&A 過払金返還請求の手引―サラ金からの簡易・迅速な回収をめざして(名古屋消費者信用問題研究会)

消費者金融業者といえばつい最近まで、法定利息を超える利息でお金を貸し付けていましたよね。ですので多くの方が、いままでは利息を払い過ぎていました。そのことで悩んでいる方がとっても多いと思います。私の親せきも大阪の方で借金の返済にはかなり悩んでいたんです。

しかし、長い間返済を継続していれば、借金が減るという話を聞き、半信半疑で法律相談に行くと、本当に借金が減りました。任意整理の手続きというのを弁護士に依頼して、長期の分割支払いになり、利息もカットできたということで喜んでいました。そして、もっと長期間の取引であれば払い過ぎとなって、返還請求できる場合もあるということを言っていました。

払い過ぎていた利息を取り戻すには、一番現実的だといわれているのが、消費者金融業者相手に過払い金返還請求訴訟を起こすことです。でも、なかなか一般人が訴状を作ったり、平日に裁判所に行ったりするのは難しいし、もし訴訟に持ち込むことができたとしても、金融会社にも顧問弁護士などもいるでしょうし、専門用語などを出されると個人としては非常に厳しいです。

しかし、弁護士事務所ですと、対抗できるどころか優位に立てるようになるんです。最近の裁判所の判例は、金融会社の言い分を否定するものが多く、みなし弁済など以前は認められることもあったのが、現在ではほぼ認められません。そのような知識と経験が、弁護士は豊富ですから、そもそも業者も争ってこずに、スムーズに返還に至ることもあります。私の親せきも長い間悩んでいたのですが、弁護士事務所に相談したおかげで、いまでは解決しましてほっと一息つけるようになったとのことです。

借金の悩みは、相談するのもストレスになります。解決できないところで相談するのは避けて、弁護士に相談するのが解決の早道でしょう。法テラスというところで相談すると、登録弁護士が相談員として相談にあたりますので、安心だと思います。

利息でお困りなら法テラス

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。