武富士について(会社更生手続きその後)

| コメント(0) | トラックバック(0)

武富士の過払いについて

平成22年10月31日に開始決定がされ、法的整理手続きのひとつである、会社更生の手続きを進めていた武富士ですが、平成23年10月31日、更生計画が東京地方裁判所において認可されました。更生計画案の可決要件は、債権の内容により異なりますが、過払い金債権者に関しては、議決権総額の2分の1を超える同意が必要でした。これを超える同意が得られたために、認可決定がされたということです。破産手続きへの移行のおそれもあったためか、結局、80%以上の同意となったようです。

更生計画に基づく過払い金の返還は、当初平成23年12月ごろから開始されるという予定でしたが、下記のようなスポンサー変更などもあり、結局平成24年1月ごろから開始されました。更生計画に反対票を投じた人にも、賛成票を投じた人にも、特に区別なく支払いが開始したようです。

武富士の会社更生手続きは当初、韓国の消費者金融業者A&P Financial Co.Ltdをスポンサーとするという前提で進んでいたのですが、平成23年12月、スポンサーがA&P社からJトラスト株式会社に変更されました。その理由は、A&P社が分割対価の払い込みをしなかったためです。そして、平成24年年3月1日、会社分割により、武富士の消費者金融事業は、上記Jトラスト傘下の株式会社ロプロ(旧日栄)に承継されました。そして、武富士の商号はTFK株式会社に変更されました。

そして、平成24年3月22日付日経新聞によると、スポンサーのJトラストは、「武富士」のブランドを継承して貸付業務を再開しました。当初は、新規貸付は行わず、「武富士」のブランドは廃止する方向で検討しているとしていましたが、方針を転換したようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kabarai-nayami.com/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

このブログ記事について

このページは、webmasterが2012年6月14日 14:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「武富士の会社更生手続き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。